藤岡町 大平町 岩舟町 佐野市 栃木市 リフォーム 注文住宅 小林工務店

藤岡町 大平町 岩舟町 佐野市 栃木市 リフォーム 注文住宅 小林工務店

築180年の古民家・再生

  • 再生前写真

    築180年の歴史ある家を残す為に、古民家再生計画が始まりました。

  • 再生前写真2

  • 再生前写真3

  • 再生前写真4

    さすがに、180年経っている為に、いたるところに傷みが出てきています。

  • 再生前写真5

  • 再生前写真6

  • 再生前写真7

  • 再生前写真8

  • 解体工事

    茅葺屋根の茅を剥がして、全て下します。

  • 解体工事2

  • 解体工事3

    屋根を解体したので、材料が濡れないようにシートを張りました。

  • 解体工事4

    解体するのにあたって柱や梁を取り除く場所があるので、足場を使って材料を支えています。

  • 基礎工事

    増築部分の基礎を立ち上げました。既存部分との高さの取合いが難しかったです。

  • 土台工事

    土台が入りました。既存部分は京間で、増築部分が関東間なので、材料の長さを合わせるのが難しいです。

  • 架台工事

    既存の母屋を解体して、新たに屋根を造る為に架台を組みました。

  • 架台工事2

    既存の梁が、全て太鼓梁なので天板の高さがそれぞれ違う為、今回の架台で高さを調整しました。

  • 小屋梁

    架台の上に、柱といってもおかしくないほどの長い束が立ち並び、小屋梁が組めました。

  • セガイ隅木

    小屋を組むのと同時に、鼻先のセガイ隅木を取り付けました。

  • 小屋組

    棟木が上がり、母屋が組み終わったのでタル木を打ち始めました。

  • 全体写真

  • 化粧軒天

    軒天部分は、化粧仕上げなので野地板、タル木が化粧に仕上がっています。

  • 野地板工事

    タル木が打ち終わったので、野地板を張りました。

  • 野地板工事2

    屋根勾配が急なので、野地板を張るのがとても難しく、棟から軒先に向けて足場を確保しながら張り下がりました。

  • 造作工事

    内部の造作工事が始まりました。既存の梁を抜き取り、新しい梁を入れて補強した後に、取り外した梁を磨いて化粧として入れなおしました。

  • 屋根板金

    屋根板金が葺けました。正面から見ると、とても住宅とは思えないほど格好がよく、お店のような印象があります。

  • 屋根工事

    屋根板金を葺くのに、勾配が急なので屋根に足場を組んで足場を頼りに施工しました。

  • 小屋裏耐熱シート

    小屋裏のタル木に、輻射熱を遮るタイベックシルバーシートを貼りました。遮熱効果があるので、冷暖房の効果が上がります。

  • 断熱材

    天井裏に、貼った物と同じ遮熱シートを外壁にも貼ります。

  • 遮熱シート

    天井裏に、貼った物と同じ遮熱シートを外壁にも貼ります。

  • 天井下地

    天井下地を化粧梁が見えるように梁の上で組んでいます。

  • 天井仕上げ

    天井仕上げには、シナベニヤを市松模様になるように切張りします。

  • 壁仕上げ

    内装は、腰壁と漆喰仕上げの部屋と杉板張りの部屋があります。

  • 内装仕上げ

    杉板張り仕上げの内装写真です。

  • 木製面格子

    サッシ部分に、木製面格子を取り付けました。古民家ですので、アルミの面格子を付けると見栄えがしないので 木で造りました。

  • 玄関サッシ

    玄関のサッシは、建具屋さんに造ってもらった木製サッシが付きます。

  • 手造りテーブル

    施工時に、取り外した梁材を利用して、テーブルを造りました。

  • 手造りテーブル

    足場が、外れて全体を通して見れるようになりました。

  • 手造りテーブル

    背面は、屋根に凹凸があるので正面とは違う表情をしています。

  • 神棚

    工務店の社長が造ったお手製神棚です。

  • 玄関

    玄関の床は、たたき仕上げになっています。

  • 床の間

    床の間の壁が、仕上がり色が付きました。